歯茎のトラブル

口をあける患者

最近の医療福祉分野は、非常に発達してきています。
中でも歯科医院はすごい競争率で場所によってはコンビニエンスストアよりも多いという地域もあります。
それだけに医療技術も年々進歩してきていて、以前のような痛い、辛いという治療ではなくなってきています。
虫歯になっても、行きやすい環境が整っているというのはありがたいことです。
とは言っても虫歯になってかなりひどくならないと歯医者に行かないという人もまだまだ多いです。
虫歯になって痛いとか、歯が黒くなってるというのは、かなり悪くなっている状態です。
場合によっては抜歯が必要な時もあります。
ちょっとおかしいなと思った時は出来るだけ早く治療しましょう。
そして治療の後の予防がとても大事です。

治療の後の予防が最も大事なのですが、まずはブラッシングのやり方を歯科で習うということです。
知らないうちに磨き方のくせがついてしまって、磨き残ししやすい歯があったりします。
そういう歯から虫歯になってしまいますので要注意です。
あと歯の形状でも歯垢が残りやすかったりもしますので、その辺も指導してもらうと良いでしょう。
それから一歩進んだのが、歯のクリーニングです。
これは、ブラッシングで磨き残した部分まで、プロの手で歯石取りをしてもらえます。
終わった後は口の中がさっぱりして、歯も綺麗になるので、最近はクリーニングする方が増えてきてます。
もし虫歯が出来ていても、早いうちに発見してもらえるので軽い治療で済み一石二鳥です。